イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク…~ zip ネタバレ 4話

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
[コミックシーモア]【TL】イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク【縦読み/1巻10円】

 

 

 

こんにちわ。吾郎です。イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク…~4話を読んだネタバレ感想を書いてゆきます。

イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク…~

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

 

 

イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク…~4話を読んだネタバレ

 

 

完全に快楽に溺れてしまった巴。

 

 

 

(これは……罰じゃない。京介を拒否できない……)

 

 

 

外での行為は見られていなかったものの、抱き合っていたのを見られてしまっていた2人は、巴の父親から「結婚前の娘が家の前で抱き合うなんて」と激怒され聞く耳を持ってもらえません。

 

 

 

そこに来たのは巴の母親。京介が大手建設業者の息子だと耳打ちされ、下請けの父親は「ふつつかな娘ですが」とペコリと頭を下げました。

 

 

 

家を出るなり「話をややこしくしないで!」と怒る巴。断ったんだから、もうこれで終わりにしようと言います。

 

 

 

「あんな感じといて?」

 

 

 

巴に向き直った京介。

 

 

 

「抵抗ならいくらでもできたはずなのに俺に身を預けた。俺の腕に抱かれた」

 

 

 

自分が一番わかっていることを立て続けに言われる巴。(深入りすると戻れなくなりそうで怖いから)と、ムキになって反論します。

 

 

 

「悪かったと思ってる」

 

 

 

昔のことを忘れていたわけではなかった「昔」のままじゃない様子の京介。

 

 

 

「扱いやすいなんて言うから……」

 

 

 

俯いてしまった巴の顔を手で上げた京介は、また意地悪っぽい表情で耳元で囁きます。

 

 

 

「すぐに顔に出るし、俺の言葉一つで変わるし。俺でいっぱいになってるカオは興奮するけど?」

 

 

 

また抱きしめられてしまった巴は「俺と付き合って」と言いながら愛撫をする京介に混乱して、断ることができません。

 

 

 

(ずるい。納得できない。けど、嬉しいと思ってしまう自分がいちばん理解できない)

 

 

 

付き合うことになり、それからも週末デートで食事や観光をする2人。

 

 

 

嫌な顔一つしないで、趣味を理解しようとしてくれる京介が嬉しい巴は、普通の恋人同士のような関係が楽しいものになってきました。

 

 

 

あの日以降、手を出さない紳士な京介。

 

 

 

(まぁ……それは、大事にしてくれている証拠なんだけど)

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
[コミックシーモア]【TL】イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク【縦読み/1巻10円】

 

 

 

イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク…~は電子書籍サイトで読むことが出来ます

 

 

これで1話10円はかなり安いですね!!

 

 

 

10円でこんなに満足できるんならお買い得です!

 

 

 

無料試し読みもできますので、まずは無料で読んでみてくださいね!!

 

 

 

これは男なら必読の漫画ですよ♪

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!