イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク…~ zip ネタバレ 15話

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
[コミックシーモア]【TL】イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク【縦読み/1巻10円】

 

 

 

こんにちわ。吾郎です。イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク…~15話を読んだネタバレ感想を書いてゆきます。

イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク…~

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

 

 

イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク…~15話を読んだネタバレ

 

 

(何を選んだら正解なのかわからないけど、私から言わないと進まない……)

 

 

 

日付が変わるような深夜、心身ともに疲れてしまった巴は京介に連絡を入れました。

 

 

 

まだ仕事の最中だった京介は巴からの突然の『距離をおきたい』という連絡に驚きを隠せません。

 

 

 

部下にも心配されるほど動揺する京介。

 

 

 

巴は、既読がついたまま返事がないことに(わかっていたけど寂しい……)と感じてしまいます。

 

 

 

2週間後。

 

 

 

久しぶりに連絡をした巴に京介から返事がありました。

 

 

 

今日は元気があるぞ!と張り切る巴。

 

 

 

けれど、久しぶりに会う京介とのやりとりにはなぜか緊張してしまいます。

 

 

 

ぎこちない受け答えしかできない巴は、京介に連れられてマンションに向かいました。

 

 

 

「上がって」と言われた一室は、生活感があまり感じられない部屋。

 

 

 

実家暮らしだと思っていた京介が一人暮らしを始めたのかと思い尋ねた巴に思いがけない返事が。

 

 

 

「まさか。巴と一緒に暮らすために借りたんだよ」

 

 

 

戸惑う巴をよそに、部屋のことや通勤のことを話す京介。

 

 

 

「一緒に住むって、そんな話聞いてない」

 

 

 

「してないからな」

 

 

 

強い口調で巴の言葉を切った京介は「勝手に距離を置いただろ?急に!」と続け、巴に話すスキを与えません。

 

 

 

「忙しそうだったし、少し離れたほうが邪魔にならないかなって……」

 

 

 

明らかに怒っている京介に巴は弱々しく答えますが「巴は嘘が好きだな……信用できない」とその手を引いて寝室に向かいます。

 

 

 

「話したいことがあるんだろ?全身から聞いてやるよ。じっくりと……」

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
[コミックシーモア]【TL】イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク【縦読み/1巻10円】

 

 

 

イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク…~は電子書籍サイトで読むことが出来ます

 

 

これで1話10円はかなり安いですね!!

 

 

 

10円でこんなに満足できるんならお買い得です!

 

 

 

無料試し読みもできますので、まずは無料で読んでみてくださいね!!

 

 

 

これは男なら必読の漫画ですよ♪

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!