イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク…~ zip ネタバレ 16話

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
[コミックシーモア]【TL】イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク【縦読み/1巻10円】

 

 

 

こんにちわ。吾郎です。イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク…~16話を読んだネタバレ感想を書いてゆきます。

イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク…~

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

 

 

イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク…~16話を読んだネタバレ

 

 

どれくらいの時間が経ったのか分からないほど執拗に責められる巴ですが、その身体を跳ね除けることができません。

 

 

 

全身を慈しむように「巴が俺と離れたがっても身体が嫌がってる」と愛撫を続けながら言う京介。

 

 

 

「俺を煽って混乱させて、我慢する姿は面白かったか?」

 

 

 

ひたすら巴に快感だけを与えるように敏感なトコロを弄る京介に、巴は何度もイカされてしまいます。

 

 

 

「今の……違う……」

 

 

 

そう言う巴ですが「イヤだったらこんなに喰い付かねーだろ」と言われてしまうような抵抗にならない抵抗しかできません。

 

 

 

「巴の、めちゃくちゃ勃ってきた……」

 

 

 

指で激しく刺激され押しつぶされ、快感でおかしくなりそうな巴に挿入をしながら京介は言います。

 

 

 

「身体はこんななのに……誘えば拒否。デートでも考え事してり……よそよそしい。そんなに俺に興味ない?」

 

 

 

後ろから聞こえる「……こうしてさえいれば……満足?」という京介の泣きそうな声に巴はハッとします。

 

 

 

(私は傷付けてたんだ。受け入れるって言いながら自分のことしか見なかったから)

 

 

 

(京介と一緒にいたい。ただそう伝えたい……)

 

 

 

目を覚ました巴は京介を探しましたが、出掛けてしまったのか見当たりません。

 

 

 

昼食は買ってくれてあるものの、スマホの充電も切れてしまっています。

 

 

 

オートロックのマンションなので無闇に外に出ることもできない巴。

 

 

 

今すぐ謝りたいのに帰りを待つしかなく、もどかしい気持ちになります。

 

 

 

仕方なく家の中をうろつく巴の目に止まったのは2冊しか入っていない本棚。

 

 

 

開いてみるとそれは卒業アルバムと、学校行事の時の巴が写っている巴のアルバム。

 

 

 

(確か行事の写真は、各自注文して焼き増ししてたはず。なんでそんな私のアルバムが……?)

 

 

 

「って、そんなの……考えなくてもわかる」

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
[コミックシーモア]【TL】イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク【縦読み/1巻10円】

 

 

 

イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク…~は電子書籍サイトで読むことが出来ます

 

 

これで1話10円はかなり安いですね!!

 

 

 

10円でこんなに満足できるんならお買い得です!

 

 

 

無料試し読みもできますので、まずは無料で読んでみてくださいね!!

 

 

 

これは男なら必読の漫画ですよ♪

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!